security 防犯

24時間有人管理と配慮の行き届いたセキュリティライン

セキュリティラインでしっかり守られているB1、1F、2Fの共用部

ALSOKと連携し、24時間有人管理

1st.共用部セキュリティ:2Fエントランス お住いの方 ノンタッチキーをかざしてオートロックを解除。風除室の自動で開きます。来訪者 オートロック操作盤で部屋番号を入力し、居住者を呼び出し、居住者がカラーモニターで確認後、開場するとドアが開きます。 2nd.共用部セキュリティ:お住いの方 ノンタッチキーをかざしてオートロックを解除します。来訪者 オートロック操作盤で再度部屋番号を入力を居住者を呼び出し、居住者がカラーモニターで確認後、開場するとドアが開きます。 3rd.専有部セキュリティ:お住いの方 プログレッシブシリンダーキーで玄関のロック2ヶ所を開錠します。来訪者 インターホンのボタンを押し、居住者を呼び出し、居住者が確認後、開場します。トリプルセキュリティ概念図

(2Fエントランスをご利用の場合)
地下(B1)には、駐車場、バイク置場と自転車置場が設置され、B1駐車場などから専有部へのエレベーターを利用するエリアにも1st.、2nd.のセキュリティラインがしかれています。1Fでは、サブエントランスからの入場が可能。

<ブリリア大井町ラヴィアンタワー>のメインエントランスとなる2Fでは、エスカレーターで上った風除室で1st.セキュリティ、さらに専有部への動線となるエレベーターホールで2nd.セキュリティが設置されています。店舗などとは確実に分けられた動線と、配慮の行き届いたセキュリティラインによって安心を守っています。大切なお車や自転車もセキュリティに守られています。

住まう方の安心を守るトリプルセキュリティ

セキュリティライン概念図

共用部セキュリティ

ALSOKと連携し、24時間有人管理

2F中央管理室は24時間有人管理で皆様のお役に立ちます

24時間365日、住まう方の安全・安心のためにALSOKと連携したセキュリティシステムを採用。タワー内にはスタッフが常駐し、警備員による共用部の巡回も行います。また、住戸内の防犯センサーやスプリンクラーの作動、エレベーターの異常などが起きた場合はタワー内の管理事務所へ自動的に通報。そこからALSOKに通報され、各種専門スタッフが夜間でも迅速に対応します。

かざすだけのノンタッチキーシステム

ノンタッチキー

エントランスのドアには、非接触型のノンタッチキーを採用。キーをリーダにかざすだけで自動的に開錠します。また、鍵違い数は1兆通り以上もあり、万全のセキュリティです。

24時間見守る防犯カメラ

防犯カメラ

エントランスや駐車場、自転車置場など、敷地内の要所となるエリアに自動録画機能付の防犯カメラを設置しています。万が一の場合にも、犯罪の抑止にも役立ちます。

専有部セキュリティ

CPマークの防犯建物部品を採用

防犯性能試験に合格した防犯建物部品にはCPマークの貼付けが認められます。

2004年5月に警察庁、国土交通省、経済産業省および関係の民間団体で構成された「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」によって、防犯性能が高いと認められた防犯建物部品を採用しています。

スイッチ式サムターン(PAT.P)

スイッチ式サムターン

サムターンの上下にあるスイッチを、つまみながら開閉するスイッチ式サムターン(PAT.P)を採用。開錠にはスイッチをつまむ必要があり、扉に穴をあけ、そこから不正解錠工具を使用しての開錠を困難にしました。

防犯センサー

防犯センサー

全住戸の玄関に防犯センサーを設置。異常を感知した際でも、警備会社との連携により専用スタッフが24時間体制で、迅速に対応します。また、3階と28階のサッシュには、すべてに設置しています。

防犯ドアスコープ

防犯ドアスコープ

犯罪や悪質ないたずら対策のために、外部からドアスコープの取り外しが難しい、防犯ドアスコープを採用しています。また、外からの室内の確認を困難するシャッターを備えています。

プログレッシブシリンダーキー

プログレッシブシリンダーキー

キーの複製が難しく、ピッキングに強い、プログレッシブシリンダーを採用しています。シリンダー内は高硬度部品を使用しているためドリリングによる不正解錠にも高い抵抗力を備えています。

多機能カラーモニター付きインターホン

インターホン

全ての住戸に、多彩な機能を搭載した多機能カラーモニター付インターホンを設置。ハンズフリー通話や録音機能に加え、火災などの緊急事態もお知らせするセンサー連動などを搭載しています。

※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。