structure 構造

永く、そして、快適な暮らしのために

安心にさらなる品質を追求した中間層免震構造採用

本物件は、耐震、制震、免震のなかで、建物に地震エネルギーが直接伝わりにくい免震構造を採用しています。さらに、3階床梁下に免震装置を設置した中間層免震ですので、基礎免震に比べ、支える建物の高さを抑え、揺れへの対応力をさらに強化しています。

「長周期地震動」対策

近年の地震に関する研究により、大地震で震源から離れた場所に数秒~十数秒周期のゆっくりとした揺れが伝わる「長周期地震動」について対策が必要との認識が高まっています。本設計における設計用入力地震動においてはこれらの状況を踏まえた長周期地震動を採用しています。

安全性を追求した構造で、タワーライフを支えます

より強固な支持層まで打ち付けた杭

地下約28m。将来的にも沈下の恐れがないN値が50以上の非常に密で強固な砂礫層にかけて杭を打設し、建物を地中深くからしっかりと支え安定させています。杭先端を約2.6m~3.8mのスカート状に拡大した拡底杭にすることで、支持層の一点にかかる負荷を分散させ、より安定した基礎を可能にしました。

※N値=所定の重りを一定の高さから落下させ、鋼管パイプを土中の定められた深さに到達させた時の回数を示した、地盤の固さを表す数値(N値50の場合、重りを50回落下)。

水セメント比50%以下でコンクリートの耐久性を永く保つ

セメントに水を多く加えると、乾燥時の収縮が大きくなるとともにひび割れが起こりやすくなります。また、そこから侵入する水分により、鉄筋に錆が発生し、耐久性を損ないます。そこで、セメントに対する水の比率を50%以下に抑え、耐久性に配慮しています。

柱の鉄筋まで考え抜かれた耐震性

柱の耐震性をより向上させるために、地震時に大きな変形が生じた場合でも耐力低下が小さい、鉄筋の継ぎ目を溶接した「溶接閉鎖型せん断補強筋」を、フープ筋に採用しています。

高精度・高品質のプレキャスト工法を採用した柱と梁

主要な柱と梁の鉄筋コンクリートには、精度・品質の高い施工が可能なプレキャスト工法を採用しています。あらかじめ工場で配筋・打設した鉄筋コンクリート部材を用いていますので、寸法誤差が少なく、より高精度・高品質の柱と梁を実現しています。

すっきりした居住空間を生むアウトフレーム設計

建物を支える柱の多くを居室外に配するアウトフレーム設計を採用。さらに、梁を上層階のバルコニー下部におさめた逆梁工法により、凸部の少ないすっきりとした居室空間を実現しました。※一部住戸除く

将来に備えた二重床・二重天井

スラブ厚約230mmを確保し、床下・天井上に十分な配管・配線スペースを設け、メンテナンス作業が容易になるように配慮。永く快適に暮らしていただけることを目指した設計です。

シックハウスにも安心の断熱・耐久性に優れた外壁

断熱、耐火性などに優れ、かつ軽量なALC(軽量気泡コンクリート)を採用。ALCの断熱性はコンクリートの約10倍の性能を誇り、また、シックハウスに関わる規制(改正建築基準法)対象外の健康で安全な素材でもあります。※一部PCa壁あり

高強度コンクリートを採用

日本建築学会の建設工事標準仕様書(JASS5)により、100年は大規模な補強が不要と予想されるコンクリートの耐久設計基準強度30N/m2をクリアしています。最大で60N/m2の負荷に耐える高強度コンクリートを採用しています。

よりリラックスした時間のために入念な謝恩対策

住戸内の水回りと居室の壁にはプラスターボードを二重に設けて遮音を考慮。さらに排水管に耐火遮音カバーを巻き付け、排水音をカットします。大切なプライベートの時間を、よりリラックスしてお過ごしいただけます。※システム家具のレイアウトにより変わります。

断熱・結露・遮音、より暮らしを快適にするペアガラス

2枚のガラスの間に空気層を設け断熱性を高め、結露の発生を軽減し、建材の劣化を抑制します。また、サッシュは北側に遮音等級T-3、その他の居室にはT-2を採用し、遮音性にも優れています。

耐久性と強度を兼ね備えたダブル配筋採用

本物件の床や壁の内部には、格子状に組まれた鉄筋を二重に施工しています。シングル配筋よりも優れた耐久性と強度となっています。

鉄筋のサビ発生を防ぐかぶり厚

鉄筋が劣化する原因は空気に触れて徐々に中性化することです。そこで、コンクリートの中性化を遅らせ、耐久性を高めるかぶり厚を確保しています。

さまざまな箇所に行き届いた断熱工法

最下階床、壁、屋上など、さまざまな箇所に断熱機能が充実。外部に接する壁の室内側には、天井と床にまで約450mm折り返し断熱を採用し、外気温の変化が室内に伝わることを抑えています。

シックハウスに効果的なホルムアルデヒド対策

住まう方の健康面を考え、ホルムアルデヒドの発散量を低く抑えた「F☆☆☆☆」の建材や接着剤を使用しています。

※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。